◆食品の塩抜き方法あれこれ

★お役に立ったら1クリックお願いいたします!!

 塩気の多い食品は、塩抜きを忘れて調理すると、塩辛くてとても食べられたものではありません。サケ、スジコ、カズノコ、コンブにワカメといった食材がそうですね。さて、塩抜きの方法ですが、不思議なことに、塩水に浸すほうが普通の水に浸すよりも、早く塩気が抜けます。ボールなどに水を張り、塩をひとつまみ入れて塩水をつくり、その中で塩抜きをしましょう。
 アサリやシジミなどの貝類の砂を吐かせるときも、塩水に浸けると早く砂を吐きます。こちらはよく知られているので、ご存知の人も多いでしょう。
 ただし塩抜きは、あまり長時間置いておくと、塩気が抜けすぎて、物足りない味になってしまいますので要注意。
 それから、塩引きサケの辛すぎるものは、お酒をちょっとふりかけてから焼くと、ぐっとマイルドになります。   

Posted by denmane at 05:48Comments(0)TrackBack(0) Edit

◆熱湯を注いでも割れないガラスのコップ

 ガラスのコップに熱い飲み物を注ごうとするとき、金属製のスプーンを入れてからにしましょう。こうすれば、ガラスのコップでも割れません。なぜかといえば、熱を伝えやすい金属のスプーンを伝って、熱がコップの外に逃げていくので割れない、というわけです。   
Posted by denmane at 06:05Comments(0)TrackBack(0) Edit

◆ビンを振るだけでお酒の味が変わる

 日本酒を飲むときは、飲む前にビンを数回振ってから飲んでみてください。これだけでおいしくなります。!
 これは、ビンを振って中のお酒をかき混ぜることによって、水とアルコールの分子が小さくなって、お酒のきめが細かくなるからです。こんな簡単なことでひと味違うおいしさになるなんてびっくり!だからといって、飲み過ぎて二日酔いにならないように気を付けて!   
Posted by denmane at 05:58Comments(0)TrackBack(0) Edit

◆油で汚れた食器をきれいに洗う

 油でベト付いた食器を洗うのは嫌なものです。
 洗剤をドバドバ使うと、不経済で、また手を荒らしたりします。そこで、米の研ぎ汁をスポンジに含ませて洗ってみてください。なかなか油が落ちなくてイライラさせられる頑固な汚れも、あっという間にきれいに落ちます。
 洗剤を使わないので手荒れの心配もなし。おすすめです。  
Posted by denmane at 06:37Comments(0)TrackBack(0) Edit

◆漬け物の素材別ベストな漬け方

 日本人の私たちは漬け物が大好き。
 甘酢漬けには、レンコン、ミョウガ、ハクサイ、大根がいい。梅酢漬けにはショウガにカブ。塩漬けは山菜。塩で浅漬けといったら、キャベツやキュウリ、ナスなどをザク切りにして。とまあ、このように、漬け物は、この素材にはこんな漬け方といったように、ある程度決まっているのです。
 簡単な漬け物を、自分でもいろいろ工夫して試してみてはいかが?  
Posted by denmane at 08:00Comments(0)TrackBack(0) Edit